YOTAYU AMPLIFIER

きみてらす

日陰から皆を照らす『光』になりたい。

鏡子さんに誘われて劇団セカイに入団してから数ヶ月。
他の団員と上手く馴染むことが出来ず、雑用ばかりをしながら眩しい世界に憧れるだけだった私は、ある日、創作脚本の製作という大役を与えられてしまう。
初めての脚本に戸惑いながらも、私は理想を形にすることを決意する。

私の指先が創り出す世界。それは皆が最も輝ける舞台。

writing 水上下波
design アツミ
dimension 105mm × 148mm / 78pages
price 300JPY

世界は変わる

都会の雑踏の中、私は"鏡"と出会った

就職を期に上京してから数年。
職場と自宅を往復するだけの孤独な日々を生きていた私は、ある日不思議な少女に出会う。
彼女に導かれるままに、連れて行かれたのは小さな劇場だった……。

鏡写しの少女と、世界が一瞬で変わるその瞬間。
小さな一歩を踏み出した私が手にしたのは、新しい世界。

writing 水上下波
design アツミ
dimension 105mm × 148mm / 78pages
price 300JPY

ciga-letter

四人の物書きによる煙草のアンソロジー小説

実は、煙草と小説というものには共通点が多いということをご存知でしたか?
例えば、どちらも嗜好品で、人生において必須というわけではありません。けれどどちらも、人生に深みを与えてくれる存在です。
この本は四人の物書きの、煙草にちなんだ短編を収録したアンソロジーです。
たった1本の、あるいはたった1冊の煙草や本が、人生を変えることがあるように、この本が、あなたの人生に影響を与えられるような存在になれれば幸いです。

writing ウシドリ, KOU, アツミ, 水上下波
design アツミ
dimension 105mm × 148mm / 78pages
price 300JPY

Ringing Ring

そこには確かに、十七歳の僕たちがいた。

文芸部部長の「僕」は、小説を書くこともなく無為な日々を送っていた。
春のある日、たった一人の熱心な後輩部員・美咲からメールで送られてくる作品を読む約束をする。
それは、恋を知らない少年と少女の恋物語だった。
いつもとは違う作品の雰囲気に戸惑いつつも何故か引き込まれる僕だったが、その物語には美咲のある想いが隠されていた──

writing 水上下波
design アツミ
dimension 148 × 210mm / 48pages
price 500JPY

CONTACT

email hello@yotayu-amplifier.com
twitter Prease reply or send message each members.
@TakemitsuaN , @pooohlzwg
© 2018 YOTAYU AMPLIFIER